上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、クソ暑かったアノ日、6/25。
僕は自分自身のサバゲに関するルーツを感じ、
どこか懐かしく、新しく、楽しい思いを感じていた。

そうだ。俺ってこんな気持ちだったよな。
子供の頃、僕は普段着にガスガンを片手に近所の草むらや公園、
謎の廃墟で友達と「戦争ごっこ」をしていた。
ゴーグルもなく、半袖で、安全性は皆無。
だけど、あんなにも興奮できる遊びはなかった。

大人になり、重装備をまとい、専用のフィールドで、ゲームを
楽しむようになって、
場慣れして来たり、戦略や戦術を巡らせるのが、今現在の自分なのだが、
そうじゃないんだ、という想いがどこかにあったりもするわけで。

先日のゲーム、暑さに耐え切れず、BDUの上着を脱ぎ捨てた。
ユニクロのドライTシャツはドライで涼しいが、薄い。
裸に近いくらい薄い。
挙句ハンドガン1丁で出撃。

だけど、プレイしてみてわかった。

そうさ、この「恐怖心」や「撃たれたくない」という思い。
それと裏腹に沸きあがる童心の頃の無限の行動力。

あの瞬間、僕は「大きな少年」であった。
あんなに楽しかったのは久々だ。
 
半袖でプレイする事は安全面からお奨めはできないが、
何か忘れていたものを思い出す為には良い切っ掛けになるかもしれませんね。


ちなみに、体に日ごろ見たこと無いような酷い弾痕があるのは
愛嬌って事にしておいてください。
 
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ポンプ小隊, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。