上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近個別のレポートが薄い、とお嘆きのポンプ小隊各員の為に
今日は特別にいろんなところからいろんなものを捻り出し、
搾り出しでお送りしますよ。





■バロッソ軍曹

 MARPATにBHIのプレキャリでM4。
 ようやく「それっぽい格好」が整ったバロッソ軍曹。

 彼のこの日を一言で言うと

 「バル君っぽくなくて良く見失う」

 そう。装備が整った彼は普通なので良く見失う。
 
 「あ、これバル君か・・・」

 みたいな。

 自慢のM4/SPRをやたら撃ってたね。
 
 まぁ彼を少し褒めてあげるとすれば、BF2の効果なのか、
 戦場での彼の動きは、初期の頃と比べると格段に良くなったと思う。
 
 もう少し路地を進む時に相互に角度をカバーできると良いんだがw

 が、BF2での分隊長経験時間が短い為、バロッソ軍曹が先導すると、
 チームが混乱してしまうので怖いw
 シンゴさんもバロッソ軍曹の変な動きに惑わされていたしw


■みぞっち

 相変わらず死にやすい男返上できず。
 初戦で最左翼の建物に取り付いた時、最初に見たのはみぞっちの死体。
 開戦から1分以内に死んでたんじゃないだろうか・・・

 そういう意味では、今回のポンプ小隊の連携行動の中に、あまり姿を
 見かけなかったみぞっち。
 どこで何してたんだ・・・

 唯一覚えているのは、
 奥スタートで左展開した時、
 左翼を押し上げたいが為に、バロッソ軍曹をまず前に出し、
 電動持ってたみぞっちを、少し右の先端に配置するために、

 「みぞっち、あの壁までいける?」

 「・・頑張ってみる・・」

 で、猛ダッシュしたみぞっち。
 そのみぞっちに対して発砲があったかなかったかわからないのだが、
 最後、転がるようにして壁にぶつかって停まったみぞっち。
 
 足腰を鍛えて、体力をつけたまへw

■ぴこはん君
 
 S&GのCIRAS装備のぴこはん君。
 まず何より夕方近くの彼の頭頂部の赤味が気になって仕方なかった。
 彼の友人が2名来てたんだが、全くちゃんとお話もしなかったなw
 すまんすまん・・・
 フィールドでもどこに居たのか覚えていない・・
 
 相変わらずヤツのG3SASは存在感があって凄いな。

 彼を見たのはセフティの上から。

 押し込まれているREDチームの最後の砦。
 
 無防備なケツをさらすもう1名のREDチームと、その奥にドンとG3を据え付けた
 ぴこはん君は、正面と左に撃ち分けながら果敢に戦っていたが、
 ここはやはり多勢に無勢。
 間を抜いた弾に被弾し死亡。
 
 頭の保護を忘れるなw


■SINさん

 基本的に俺より前に居るSINさんは見たことが無いのだが。
 この日、奥スタートの回の後半。
 メインストリートを渡り切ったREDチームは、YELLOWフラグを
 目指し路地へ進軍。
 その時俺が目にしたのが、SINさんの背中。

 第一にこの段階まで生きてるSINさんを初めて見た!
 第二に前線で俺より前に居るSINさんを初めて見た!

 そして、SINさんの壁で前が見えなかったので、すぐに分かれた。

 時々無線から聞こえてくる声が、SINさんだ、という事に
 夕方近くになってから気付いた。。。。ごめん。。。


■シンゴさん
 
 いつも中段くらいに位置し、静かな感じで行動するシンゴさん。
 が、今日は違った。

 やはり中段くらいに位置しているのには変わりないのだが

 バス!バス!バス!
 スバババ!スバババ!スバババ!

 やたら撃つ。すげぇ撃つ。しかも「応戦」ではなく「攻撃」。
 
 火が付いた様なシンゴさんの手数は留まるところを知らず。
 ゲーム中盤にはシンゴさんが居たはずの場所を見ると、
 壁に立て掛けてあるシンゴさんのM4。

 「まさか・・弾切れ・・」

 ちょっと前に目をやるとハンドガンを撃ってるシンゴさん。
 
 何があったんですか・・w

 「いやぁ女子に唇を奪われました・・」
 ※マグチェンジ中に女子に撃たれた唇をさすりながら。


■マロさん

 教会の前の草むらの中から登場した鞍馬天狗。
 MARPAT模様の頭巾を被り、足を引きずっているのはマロさん。
 あんだけ楽しみにしていたのに、当日になって足が痛くなってしまうとはw
 
 それでもゲーム開始前の集合地点に立ってるマロさん。
 しかもP90とM3を担いでたり、両足にハンドガンついてたり。

 どんだけ~!?

 いつもの俊足は見れなかったが・・・
 最終戦15分生き返りアリのBF2戦。

 メインストリートを渡り、建物の壁に張り付いたまではよかったが、
 先に進めなくなった俺がふと後ろを振り返ったら・・・

 メインストリート中央のバリケードの後ろに見かけた丸いフルフェイス。
 M3を乱射するマロさんハケーン。
 
 楽しそうに立ったりしゃがんだりしながらM3を撃ちまくってる姿を
 見て
 「あ、楽しんでるw よかったw」と思った僕ですw

 次回は再び俊足で登場してくださいw


■ミノルさん

 右手にリボラン。背中にP90。でノッシノッシと歩くミノルさん。
 もうゲームも後半。奥スタートなのに、ミノルさんと俺が居る位置
 は黄色フラグから20mくらい。
 必死にフラグを防衛しようとする黄色残兵に向かって、路地から
 体を出すなり
 スボーン!!
 とリボランを発射。
 この天候でのモスカートは強烈。

 が、夕方にはTシャツにドラムマグのスペツナズを持ってた。
 機動性を保つ為に重量物を排除する仕様のようですw
 帰り際、車の中から厚みのあるCDケースを持ってきて、
 おもむろに手渡された。

 「ん?」
 中を開けてみるとDVDが。
 「ふふ。全部●●でっせ旦那・・w」
 「ふふふ。越後屋ソチも悪よのぅ」
 その中身を見たみぞっちが
 「お、俺にもコピー・・コピーを・・w」
 ミノルさんありがとうw

■新人ズ

 お初の方と、まるっきり新人の方。
 お初の方々はサバゲスキルは高いらしく、果敢に攻めている姿を、
 「後ろから」見る事が多かった。

 「俺より前に行くとは、デ、デキルな!w」

 頼もしい仲間が増えましたw

 で、新人君。
 二人居たうちのヒロシに似た彼と、バロッソ軍曹が仲良くしていた。
 
 その彼がポツンと俺の後ろに居たので、手招きして

 「ここまで安全だからおいて」とハンドサインを送ったが、
 なかなか上がってこない。
 伝わらなかったかな、と思ったら、トコトコとやってきたので、
 ああ伝わったか・・と安心したのも束の間。
 トコトコトコトコトコトコ
 俺より前に!
 そこは危ない!

 やはり新兵は理解不能な動きをしますw
 一気に揃えた装備、頑張ってこれからも使ってくださいw

■ヒゲさん

 先行孤立した隊長を、隊を率いて救出しに来た件は楽しかった。

 が、後半でリボランを片手に。
 そして俺にM1014を預け、

 「いいかアパム。俺が前線で一気にリボラン撃つから、
  撃ち切ったら俺にソイツを持ってこい。解ったかアパム。」

 と言い残し、前線へ。

 果敢に後をついていくが、途中で横からの激しい銃火を受け、
 補給すべき武器を守る為に遮蔽物に入ったのが裏目に出て、
 アパムはぐれる。

 15mくらい先でリボランの炸裂音が響き

 「アパーム 弾もってこい! アパーム!」
 
 と声がしたがすぐに静かになってしまった。
 
 同じ位置でヒゲ軍曹なしで孤立した俺は、形見となったベネリM4で
 応戦するも、すぐに軍曹の後を追うことになったよ・・・


■A-NALさんとPMCさん

 最前線へ行くポンプ小隊が、かなりの確率で遭遇した
 黄色チームの強力な攻撃チーム A-NALさんとPMCさん
 装備が似てて区別が付かないので一まとめに考えてたが、
 強力な連携力に加えて、進軍速度が速い。
 決してそこで足を止めずに前へ出る布陣を敷いてくるので
 何度も突破/撃破された。

 というか、装備がすげぇカックィーのが正直憧れるでアリマスw

 我が小隊も、もっと鍛錬して強くなるであります。


■対抗戦

 Bフィールドを使っていたチームとの交流・対抗戦。
 ABフィールドを使い、フィールド内に立てこもった16名を
 Aフィールドチーム50名が駆逐するゲーム。

 開始早々、池手前を進軍するポンプ小隊。
 そして仕掛けられていたクレイモア地雷を発見。

 近くにいたシンゴ隊員に
 「クレイモアを解除せよ!」
 と指令を出すと

 「え?」

 ハゥ!

 「工兵!工兵はいないか!」

 そんな事をして遊んでいた。

 
 意外と固い16名の防御。
 
 左翼に展開したヒゲ軍曹に合流し、左翼の様子を見たが、
 細い路地を射線に入れた防御側に進軍を阻まれ進軍できず。
 
 その位置から左翼が見えるので、無線指示でぴこはん君の進軍を援護。

 住居部分の外壁の壁までは取り付いた右翼であったが、
 その先へ進もうとすると、一人二人と倒されていく。

 ネットをくぐって潜入した特殊部隊G1Forceの2名が奮戦するが、
 外壁側からの援護は難しく。

 そうこうするうちに左翼からヒゲ軍曹が内部へ侵入。

 おお!これで押せるぞ!と思い、
 ヒゲ軍曹に無線で「その位置から外壁の内側の敵が見えますか?」と
 聞いたが応答なし。
 またイヤホンが耳から外れているんだろうか・・orz
 
 どうにか敵の位置を特定しないと・・
 と思っていたら頼みの綱のヒゲ軍曹死亡。

 そうこうするうちに「戦闘終了」の声。

 いやぁ攻略できなかったな~と戦場を後にしようとしたら、
 背後で発砲音。

 唯一残っていた敵1名がガイジン女性だったらしく、ゲーム終了が
 伝わってなかったらしい。 怖いw


■ハンドガン
 
 この日、この暑さで、ハンドガンが楽しかった。
 重たい装備を嫌ったのではなく、細かい路地を使ったり、
 無線やハンドサインで指示を出してのチームプレイを意識したので
 自分の主力武器は火力を抑えたものにしておきたかったわけ。
 火力があると自分で行きたくなるからね。

 それがよかったか悪かったか、結構周囲の人と協力しあいながら
 進軍する形作りは出来たかな、と思う。

 が、残念ながら
 手前スタートのゲームで、間を抜いて攻めてきたA-NAL/PMC混成チームを
 いち早く発見して迎撃できる位置に居たのに、マグチェンジした
 ハイキャパのマグが2発しか出ずにプスーと死亡。
 慌ててサイドアームのP226を抜いて応戦。
 あんなに早くサイド抜けた俺がすげぇw


■車でPMCごっこ

 奥スタートで右翼から進軍。

 メインストリートに停まっているミニバンみたいなのに乗り込んで
 後部座席、後部ハッチから銃撃。
 俺は助手席に乗って、視界に入った敵の位置を報告。
 
 しばらくして後方人員が戦死して不足してきたので、
 膠着した左翼にいたバロッソ・ぴこはん組を無線で呼び寄せる。
 
 で、このへっぽこ3人組で車両を使った銃撃戦を展開。

 ふははは。この窓は防弾だからきかんよ!きかんのだよ!

 そんなことをいいながら、銃撃の切れ目でスライドドアをちょっと開けて
 ハンドガンの銃口だけ出して反撃。
 

 ちょっとあのクダリは面白かった。


■無線運用編

 小隊各員の相互関係も深くなってきたこともあってか、
 最近結構ちゃんと無線が使えるようになってきた気がする。
 惜しむらくは、全員に配備されていないこと。

 順次配備していきたいところだ。

 背中にダミーラジオの中に無線機仕込んでいれてるが、
 やはり途中でコネクタが外れたり、無理に仕込んでいるので
 背中が壁に当たった拍子とかにPTTがONになってしまったりと
 結構課題多い。
 M-148ボトルが手に入るまで、少し設置位置の検討が必要。


 あと、人数が増えたから、誰がUNIFORM何なのか、とっさに
 思い出せなくなったw


■帰った後に気付いたこと

 CIRASによるダメージ。
 胸部分に前面のプレートの角が当たってすれて打撲気味。
 両肩部分は蒸れて汗疹みたいになってるし。

 重さとかそういうのはさほど気にならなかったのは、
 そもそもでBHIのプレキャリがソレくらいの重さだったから。
 
 ヒゲさんに教えてもらったCIRAS/プレキャリの裏技はかなり優れもの。


■ポンプ小隊

 今回のポンプ小隊は強かった。
 「またこのメンツかよ!」と、ゲーム終了後にフィールドから出てくる
 生存者の中にポンプ小隊の面々が多かったのは誇らしい。
 
 そして確実に連携力は強くなっているので、もう少しココのスキルと
 経験を増やして、

「ヤツらネタだけじゃないぞ」

 と言われる小隊を目指したい。



最後に、kabuxさん、参加者の皆さん、楽しい一日をありがとうございました^^
kabuxさんと仲間たち50人サイコー !!
スポンサーサイト



>無線。
ゲロさんの見てないとこで戦ってる事が多いので、無線で自己主張すべく、生きてたらちゃんと返事してたりしますがw

>対抗戦
女性がガイジンだとは知らなんだ…
『終わったの?』見たいな感じだったけど、イマイチ定かじゃなかったんでちょっと警戒態勢のままだったんですが、隣の人がガイジン女性に射殺されてました。
こっちまで撃ってきたんで、やさしーくM14のフルオートでなでてあげましたが…

…やっぱし終わってたんだね。
残業手当て出ます?(出るわきゃないw
【2007/05/28 15:39】 URL | SIN #JalddpaA[ 編集]
お疲れ様ででした~(^^ゞ

最後だけフィ~バ~来ましたw
何人倒したのか数えてなかったOrz
【2007/05/28 20:06】 URL | maro #-[ 編集]
お疲れ様でした。
楽しいゲームでしたw

自分でもどうしちゃったの?ぐらい撃ちました(笑)
いやぁ~楽しかったっす。(でも多弾マグには走らない)
隊長からお借りしたお守りは効果大でしたよw

無線とかで情報が入ると(今回は持ってる人からの情報)
連携が取りやすいですね(はぐれると孤立しますが)
私も早く無線を入手したいです

対抗戦でのクレイモアは、すんませんネタで返せませんでしたw
勉強してきます(笑)

会社で一先ずブログを読んだんですが、
笑いが止まらず、その笑いを隠そうとニヤケ顔になってました
【2007/05/28 23:04】 URL | シンゴ #-[ 編集]
確かにポンプ小隊としての連携は取れて無かったかもしれん(汗

でも、ポンプ小隊各員の位置からそう離れてない位置に居たはず・・・
ゲーム終了までの生存率が異常に低かったので存在感無かった
かも知れないけどなw

前回のバトルシティの時もそうだったけど今回も相手チームの
動きを止める(頭を出させない)、味方の侵攻速度を上げるのを
目的にバラバラ撃ちまくってた様な気がするよw

あと、今回感じたのはチーム員をちょっと離れた位置から見て、
指示が出せる人がいたら良いなぁと思った。

教会周辺での開けたトコロや、教会スタートで右翼への展開をする時に
ある程度距離を取った位置からの情報があればもっとスマートに
侵攻できたのかもしれないね。
今後 ①無線の普及と活用 ②役割分担の明確化ってのがチーム運用の
重要なキーワードなのかもな。
【2007/05/29 02:03】 URL | みぞっち #-[ 編集]
SINさん
 SINさんはいつも序盤しか姿を見ませんw
 教会側スタートの時は割と真ん中で撃ってるのを見たけどなぁ・・w

マロさん
 最後のあのメインストリートはフィーバーしてましたねw
 やっぱ元気だなぁと思ってみてましたよw

シンゴさん
 お守りに1つ持っておくといいですよw<多弾
 無線はあまり役に立たないんですが、持ってないと持ってるでは
 結構違いますねw 
 無駄な会話も楽しいですしw

 会社でニヤニヤしてるとヘンタイだと思われますよw

みぞっち
 たぶん、その役目は俺なんだろうけどな~w
 うまい具合に電動とポンプを配置できると良いんだが
 今回は結構火力に押された場面も多かったねw

 そろそろポンプ小隊も色々過渡期に差し掛かってるのかなw
【2007/05/29 10:26】 URL | ゲロ #-[ 編集]
<序盤
大概死んでるけど、たまに生き残っててもはぐれてる事が多いので他のチームの誰かと一緒に戦ってる事が多いです><

『チーム戦やるぞっ』ってみんなと一緒に突っ込んでいくとすぐに死んじゃうことが多いんですよね…orz
序盤の混戦をどう凌ぐかが生き残りの鍵になりつつあります。
【2007/05/29 10:39】 URL | SIN #JalddpaA[ 編集]
たのしそう
とは言いつつも、その場に居てで自分が楽しめるかは別の話なわけで。炎天下と弾両方で死んでいたと思うので行けなかったのは、返って命拾いしたかも(バトルシティーの方だったし)

あーでも次ユニオンのインなんですよね?
そっちに参加できないのはなあ…。
ぴこはんに騙された。引っ越し準備があるとか24耐がどうとか
言ってたんですよ。他に予定も入れるってもんですよ…。
(すみません、ゲロさんに愚痴ってしまいました)

【2007/05/31 12:29】 URL | XS #-[ 編集]
XS
 愚痴は何も生み出しませんw
 行動しましょうw
 そんなことよりぴこはん君の日焼けした頭頂部が危険です。
 対処してくださいw
【2007/06/01 14:40】 URL | ゲロ #-[ 編集]
>XSさん
うは、誤解させて申し訳ない。
元々ユニオンは24耐参加できない面子の集まりだったんですよ。
で、友人と24耐参加する気だった私は募集締め切り⇒ショボーン…となってたわけっす。

後、引越し準備が大変なのはマジっす。
いまだ16日の出席確定できないのそれのせいなんで…orz


>ゲロさん
たまたまバンダナ忘れたんですが、えらい事になってましたw
【2007/06/01 18:30】 URL | #-[ 編集]
>ゲロさん
……対処方法アドバイス頂けると助かります。

>ぴこはんさん
人のことを強く言えないですが、自分自身に
もう少し気にかけるように、お願いします。
(ゲロさんが心配されているようなこと含め)

準備がんばってね
【2007/06/02 12:32】 URL | XS #-[ 編集]
XS
 リアップとかじゃないか?w

XS+ぴこはん
 あのな、痴話喧嘩的なものはP2Pでやってくれw
 隊のブログのコメント欄でチクチクやるなよw

 か、ヤルんなら、もう少し派手にやってくれないか?w

【2007/06/02 12:43】 URL | ゲロ #-[ 編集]
>ゲロさん
失礼しました
【2007/06/03 10:29】 URL | XS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ポンプ小隊, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。