上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■突撃戦

 そろそろ今日のゲームも終わり、という感じの一戦。
 開始の合図とともに、MINIMIを持って走るヒゲさんの後ろに続く
 ポンプ小隊とG1 Forceの面々。

 ところが交戦が始まるとなんだか後退しはじめる戦線。
 半ば疲労でやけっぱちなので、後ろに居たぴこはん君を連れる形で
 進軍。角を2つ曲がったところで、普通に背中を晒してあるいている
 敵を見つけたのでポコンと撃ってみたら、キョトンとした顔で死んだ。
 何してたんだろう?

 そのまま進み、この角を曲がるとあとは教会まで長い一直線、という角を、
 姿勢を低くして覗き込んだ。

 ら。

 目の前にMINIMIの銃口。

 
 ギョッとして視線を上げると、巨体が後ろ向いて立ってた。

 さすがに近すぎて、「フリーズなし」と事前説明があったにも関わらず、
 「ふ、ふりーず・・・?」と腹に銃口を向けて言って見た・・・

 ら。

 明らかに反撃の動作。

 慌てて体を引っ込めたら、目の前のベニヤにバチバチ弾が当たる音。
 仕方がないので、銃だけ出して、フルオートで掃射。

 巨体が去った後、そーっと覗き込むと、20mくらい先にこちらには気づいていない
 様子の敵兵多数。
 ぴこはん君を呼ぶが、全然気づかないので、イライラしてベニヤをバンバン叩いたら
 みんながこっちを見て俺も驚いた。

 そのままぴこはん君を連れ、角を出て廃車の陰からその先の敵の塊にフルオートで
 しこたまばら撒く。

 1,2,3,4,5,6,7!

 げへへへ、入れ食いだぜ!

 変態スイッチが入った頃、背中にポコン、ポコンと被弾感。

 あ、あれ?

 と振り返ると敵兵が一人。
 
 どうやら左側に1名残ってたらしく、俺のジェノサイドタイムは早々に終了。
 あ~あれは一気に突っ込みたかったなぁ。


■小隊戦

 教会スタート。足が靴ずれで痛くなったので、ノロノロと後ろから進んでいったら
 メインストリート沿いの小屋で小隊の面々を発見。
 ぴこはん、バル二等兵、マーベリック。
 この時、ヒゲさんから借りたVSRを持ったマーベリックは、若干周囲に邪魔臭そうに
 されていたのを俺は見た。
 この小屋も膠着状態に入ってしまった為、ぴこはん、バルコンビを残し、少し後ろに戻り、
 ヒゲさん、シンゴさんと合流。
 友軍が少しづつメインストリートを渡って行っているので、それに続き、道路を渡る。

 さて。

 と思ったら、先ほどの小屋からVSRの発射音。

 ブシィ!ベチン!

 明らかに目の前のベニヤに弾が当たった音だ。
 
 「fuck!」
 役に立たないスナイパーは放置で、友軍に混じり、ヒゲさん、シンゴさんと通路を進む。
 
 このあたり(セフティ/ギャラリー用の2F前)の路地は非常に面白い。
 ちゃんと角度を考えて、お互いにカバーしあう事で前に進める感じが、
 チームに連帯感を生む。


 フラグ直前で残存兵力の抵抗を受けたが、なんとかゲーム時間一杯で
 フラグを取った我がチームの勝利。

 これ、このゲームなかなか面白かったw

スポンサーサイト



いやぁ、お恥ずかしい限りでクルツのバッテリーが切れかかってまして、隊長についていこうとしたのは内緒(笑)
【2007/01/30 23:04】 URL | シンゴ #-[ 編集]
シンゴさん
 という事は充電しわすれですか?w
 まぁ、どっちにしろ、近くに知り合いがいてくれると
 目が増えるので好都合ですw
【2007/01/31 09:59】 URL | ゲロ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ポンプ小隊, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。