上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■出撃

前日の夜の雨が嘘のように日が差し込み始めたフィールド。
さすがに大人数なのでキビキビとした動きで進行する訳もないが、
ようやくゲーム開始、と言った感じでゲームスタート。

2面借りなので、一方はフィールド左奥の「教会」
もう一方は右奥のパブみたいなところ、からスタート。

およそ50vs50の戦闘が始まる。
初戦、本日のポンプリーダーUNIFORM5から拝借したMINIMIを担ぎ前線へ。
どういう訳か、池周りのコースへ進軍する小田原班(除くUNIFORM8)、
その後ろからMINIMIで制圧射撃。
若干小便弾気味だが、そんなものは上向けて撃てばいいことだ。

猟犬を追い立てるようにして、小田原班の先発2名(みぞっち友1、2)に
続く形で池周りルートの細い通路に入る。

逆L字状の角は先発隊に任せ、その後続を狙う事にした。

スパパパパパパパ!

ポポポ。

おっと興奮しすぎて巻き上げ忘れてたぜ。

ポチッ。

沈黙するMINIMIの電動マグ。

ファック!

数回挑戦してみるが、全く沈黙したままのMINIMI。


とりあえず、後続のみぞっちを更に前に押し上げて前線の戦力を補給するが、
角の攻略に手間取り、ポツリポツリと落ちていく。
見える範囲の情報を押し上げたみぞっちに伝え、角の攻略を試みるが、
イキやすい男みぞっち、戦死。

「UNIFORM1からポンプリーダー。池周りへ増援求む。」

返事がないところを見ると、ヒゲ無線指揮官は戦死したか、虐殺に夢中なんだろう。

仕方がないので腹をくくり、ホルスターから電グロを抜く。

。。。。予備マグ持ってくればよかったよ。。
なんせMINIMIが動かなくなるのは想定外だったので、格好だけ、のつもりで電グロ
持ってきたのに。

MINIMIはその場に残し中腰でトコトコ進む。

30mくらい先の小屋からこちらを撃って来る敵が1名。
間違いなく電グロの射程には入っていないのだが、適当に撃った反撃が、
奇跡的にも命中したらしく、小屋を落としたUNIFORM1。
さらに意外にも小屋と自分の間に潜んでいたもう1名をゲットした頃、友軍がフラグを
ゲットしたらしくゲーム終了。


【その裏】

とりあえず、表も裏も同じルートを使って、地形を覚えたい、という思いから、
池展開で進む事に決めたポンプ小隊(小田原班)。
開始早々にダッシュして池周回の角を曲がり通路上に左右に展開。
幸い、池側の防御は薄かったらしく、面白いようにバタバタと敵をゲットしたポンプ小隊。

もうこのあたりで息も絶え絶えだったんだが、「Go!Go!Go!」「止まるな!」
と分隊のケツを叩き前へ進める。
これにより池周囲は制圧完了。次はいよいよ池の前に立ちはだかる大きめの建物を
越える戦闘になるのだが。

UNIFORM1:「援護するから壁にびっちり張り付いちゃえよ」
UNIFORM6:「ん?」

変に突っ立ってるより、壁に張り付けば建物の奥側からは撃たれないから、
壁にくっつけと言っているのだが、ONでもOFFでも指示を理解しない二等兵。


後続の友軍と小田原班が、気を利かせて「僕行きます」と進軍して行ったのを見て、
ようやく理解した様子の二等兵(U6)。

結局、大きな建物を越える攻防戦で俺は戦死。
他もかなりのダメージを負ったらしい。
結果的に2面使用の場合は、教会側からの攻撃の方が、攻略しやすい、という印象。

スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ポンプ小隊, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。