上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シールドを使ったゲームって面白そうだよね」
というネタから発案されたこのゲーム。

テロリスト側はボルトかポンプの1マグ+ローダー。
機動隊側はハンドガン10発+催涙弾役のモスカート+弾薬後方補給。
放水車役のM60は中央はしご小屋に固定。

テロリストはゲロ、みぞ、バル、ぴこはんの4名。

「これより状況を開始する!」

テロリスト側の配置もままならないうちに機動隊の突入が開始。

とりあえず一番厄介な放水車の射手を落とすべく、テロリストチームは
一斉にちょこっとだけ体を出している射手を狙う。

が、粗悪なボルトアクション(実際には調整不調であったぴこはんVSR)では
なかなか落とせず、苦労していると、ヒタヒタと距離を詰めてくるシールド機動隊。

とりあえず、突入に備え、1Fに降り、息を潜める。


直前に迫ったところで、イサカを数発放つが相変わらずまだ体に馴染んでいない
この銃ではシールドからはみ出た小さな露出部分を狙うに至らず、接近を許す。

唐突に赤ホテル1Fに飛び込んで来たのはヒゲ巡査部長。
ヒゲ巡査部長にしては珍しく俺に真横を晒すミス。
さすがに3m程度の距離では外さない俺。

「じ、殉職!」

しかしながら波状攻撃は熾烈を極め、それを凌ぐうちに残弾ゼロ。
2Fに駆け上がり、みぞっちのカバーの元、再装填。

2Fから数名倒すものの、一向に減らない機動隊。
どうも再突入が行われている様子。

聞こえる足音も近い。

気づいたら放水車が沈黙していたのだが、この頃から復活し、再度撃ち始める。


と、2F廊下が騒がしくなり、バルバロッソ坊やらしいバッタバッタとした足音が
右往左往した挙句に「グハァ」と事切れる。

ドアを開け廊下を見ると、既にそこにはシールド。

「この距離で止められると思うなよ!」

体がありそうな場所を目掛けイサカを一射。

「ぬ、抜いてきたゾ!」

声の主はヒゲ巡査部長。
ぬぅ、仕留めたはずがまだ生きていたか。

後退したヒゲ巡査部長は、ホテル最右(外から見て)に入り

「ここは確保したぞ!」と叫んでいる。


「まだ終わらんよ!」
かの赤い少佐のような一言を吐き、ヒゲ巡査部長のいる部屋のドアを蹴破る。
そしてそこに居るヒゲ巡査部長目掛け腰だめに構えたイサカの引き金を絞る。


ドッパ!!!


「しまった、モスカ・・・・・・」

上半身と顔中にモスカートから放たれた弾丸がめり込み、廊下に崩れ落ちる。




こうしてアサマ山荘は機動隊により制圧されたのであった。



総論:24Pのホボ零距離は、死ぬほど痛い。


スポンサーサイト



アレが最後の一発でちた。(_´Д`)ノ~~
【2006/11/14 11:45】 URL | ヒゲジカタビ #AupDZxQQ[ 編集]
ヒゲさん
 チッ。あの時、ヤレる!と思ったんだけどなぁw
 あの一撃、ボディガード戦に続き、折れましたw
【2006/11/14 14:10】 URL | ゲロ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/11/14 14:28】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ポンプ小隊, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。