上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のゲームはBvsE戦。
UNIONでもっともスタート位置の間で距離が取れるゲーム。
黄色チームのスタート地点はE。
ブッシュが非常に濃く、見通しが悪い細い道が数本あるだけ。

ここで黄色チームは一丸となって駆逐しながら進む、
通称「スイミー作戦」を立案、実行する。

開けた位置まで一気に出なければいけないので、スタート後、
細道を早足で進む。
前には60を腰だめにしたヒゲさん。

しかし、開けた位置まで出たところで、
「もうそこまで来てる!」
の声でヒゲさんが左のバリケードに60を据え付けたので
僕は少し前の右のバリケードに入りメクラ撃ちでM4[豚仕様]を乱射。

が、程なく3方向からの無数の着弾でポンプ小隊黄色チームは惨殺。

セフティに戻ったらSINさんが満足げにしていた。
あの場にSINさんが居たらしいのだが、もはやそれに気づくことなく
撃たれまくったんだよ。
SINさんだけは絶対に見えるのになぁw


しかし、スイミー作戦は思いの外、戦果を上げ、
圧倒的勝利を収めた黄色チーム。


その裏のBスタートでは、第二次スイミー作戦を決行。

本隊を最右翼からの迂回ルートで進行させ、
囮役のポンプ小隊は左翼展開。

スタートから一気に駆け上がり、D地点を目前にしたバリケードに
M60を据え付け。
D-E間を射角に入れたヒゲさんのカバーとしてさらに左に展開した随伴兵ゲロ。

ところが、動きのない赤チーム。

友軍本隊の左翼がこちらまで接近してきたのもあり、
囮部隊は、最左翼までの移動を決め、左の通路に出る。

と通路の角に敵数名。

ヒゲさんが据え付ける間に牽制射撃を試みるが、
ヒゲさんが撃ち始めたら邪魔なだけの俺は、一旦後退し、
側面攻撃の為に中央から前進。

真横を取ったものの、熊笹に遮られ攻撃は届かず。

数名の友軍が前進を試みるが、前進した先は開けた通路の為、
次々と撃たれ散る。


こうなると右翼の本隊の進軍に賭けるしかない。

しばらくして、

「銃身交換するぞ!援護を!」とヒゲさんからの無線が入ったので、
ヒゲさんの右前まで前進しカバー。

友軍がE地点を取ったらしいので、ヒゲさんと左翼を奥まで上がり、
最深部の中央で友軍と合流し、駆逐完了。

スイミー作戦は表裏共に成功した。


このゲームでつくづく思った。
M60を持ったヒゲさんを敵に回さなくてよかった。とw
スポンサーサイト



勝つには実物大の90式無線戦車でひいちゃうしかないよね。
【2006/10/30 15:14】 URL | しん #JalddpaA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ポンプ小隊, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。