上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐久ゲームと時を同じくして、ボクの手元に一枚のDVDが届いた。

2005/11に開催されたIBFでのゲームと、2006/03に開催されたAREA86の
ゲームの模様をデルタチームの方が撮影したものである。

24h耐久から無事帰還して、家で風呂とメシの用意が出来るのを待っている間、
早速再生してみたわけだ。
IBF戦。このゲームにボクは登場しない。
おそらく、デルタチーム、ポンプ小隊、AV小隊という面々が参加していたのだろう。
特に解説とかはないが、通常の殲滅戦をやっている様子だが、
一際目を引く存在の男が一人。


UNIFORM6 バルバロッソ二等兵 である。

良くも悪くも、彼の動きは、どこかコミカルな雰囲気が漂う。

この映像の中の彼も、24h耐久で見た彼も、全く同様に、いつものあの動きをしている。

実際、人の動作、というのはかなり特徴が出るもので、映像が鮮明でなくとも、
動く仕草を見ると、被写体が誰か判断が付く事が多い。

その中でも最も特徴的な動きをするのはバル君。

特に、非日常的な戦闘動作においては、視覚的に取り入れた映像、
つまり映画やドラマの主人公や、頭の中に叩きこんだ理屈、染み込んだ癖、というのが
顕著に出る気がする。

例をとれば、UNIFORM3の動きもある意味特徴的だ。
彼の年齢を考えると、ハチャメチャな刑事ドラマ全盛期の世代なので、
彼の動作には、刑事ドラマ動作が多々含まれる。

ヒゲさんやシデン少佐には、それぞれの理屈が反映された動きをする。
彼らも特徴的な動きといえばそうだ。

では、いったいUNIFORM6はいったいどんな動きなのか。
なぜコミカルなのか。

彼は、戦争映画の類をほぼ見ない。
平和を愛す、ラブアンドピース野郎バルバロッソ二等兵は、人が人を殺すような
映画を見ない。じゃあ、何を見るんだろう?
それはさておき、映画やドラマで戦争物の主人公達を見ない、という事は、
劇画タッチであれ、リアル趣向であれ、参考になる動作のモデルが存在しない訳だ。

ので、彼オリジナル、の動作を彼は取っているのであろうからして、
つまりあの動きは彼そのものなのである。

いやぁ、文字で正確に彼の動作を表現できないのが歯がゆいのだが、
是非DVDをご覧頂きたい。

彼の、華麗な「ヒョッコ!ヒョッコ!」という、スピーディでいてコミカル、という
共存しえないモノのコラボレート。

しかし、他人がヤッているゲームの映像を見るというのは実に退屈なものだ。
いや、退屈、というか、俺もソコに参加したい!という衝動の裏返しで退屈なのだ。
悔しいじゃないか。

そんな悔しさに、ハンケチを噛み締めていると、突然映像が切り替わり、AREA86の
映像が始まる。

そこに颯爽と登場するのは俺様ゲロ様である。

いやぁ、散々他人の動きをけなしたところで、オマエの動きはどうなんだ?って話だが。






自分がイメージした以上に小股でチコチコ歩いてて、キモい。




ううううう。



挙句、後半で、鉄パイプにM14のロングなバレルをガチンとブツけているし。


ううう、格好悪いじゃないか。




いろんな意味で凹んだDVD。
撮影してくれてありがとう御座います。
スポンサーサイト



あれ?様子が変わった・・・。
【2006/06/06 16:56】 URL | ヒゲジカタビ #-[ 編集]
ヒゲさん
 テンプレ変えて見ましたw
【2006/06/06 17:37】 URL | ゲロ #-[ 編集]
でも、教会近くで戦うゲロさんは、かっこよく映ってましたよw

確かに、僕は何であんな動き方になってるんだろう・・・
ぴこぴこ跳ねてるし・・・

う~ん・・・疑問(笑)
【2006/06/06 22:49】 URL | (V)o\o(V) #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ポンプ小隊, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。