上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼食を挟み、アウトドアフィールドでプレイされていたチームと
合流し、アウトドアフィールドでゲームをすることに。

「アウトドアこそM14の真価が問われる場所だ!」

と、勇み足ジョニーな俺。

ここからは、一時ポンプ小隊は二分割され敵対するチームとして
相対する事となる。

【AvsC戦】
◆惨殺されるゲロ

Aスタート。
地理的な勝手の分からないスミ姉さんと、後ろからノロノロと前進を始める。

主力部隊は、中央の3つの小屋を挟んだ形での銃撃戦を繰り広げており、
そこには大量に兵員が投入されている為、最右周りでのコースを取る事に。

そこにはMr.マーベリックが先んじて居た為、バックアップの為に後ろにつく。

マーベリックが左前45度に前進したので、彼の居た位置まで後衛として上がり、
周囲警戒の後、右45度に散開して停止。
そこからは、フィールドを真横に横切る小道が見えるのだが、
小道の奥のT字路を敵が数名後退していくのが見えた。

前に行くべきか、留まるべきか。

一瞬の躊躇の後、右を見ると、
フィールド境界線ギリギリに最右を進軍する友軍が
10mくらい先に見えたので、右は安全と判断し、
再び左を見て、状況判断しようと思っていたら、

スパパ!と言う発射音の後に、顔面に被弾痛!

ヒットコールをしながら立ち上がると、先程の最右の友軍の少し左から
敵に撃たれた事がわかった。

「ゲロ、不覚にも撃たれる、って感じだった」と姉さんに失笑されながら、
ゲーム終了後に射手を探していたら、撃った主は「エボゾウ」であった。

中盤、このエボゾウとの戦闘が肝となるのであった。

◆壊滅ポンプ小隊(赤)

分断されたポンプ小隊の片割れ(赤)は、
ゲロ、姉さん、みぞっち、マーベリックの4名。

自然と一団となって進軍する、先程のAvsC戦の裏。
Cスタートで、最左周りに先程の交戦位置まで進軍。

ほぼ横一列でジワジワと進軍。

膠着し掛けたので、ハンドサインでみぞっちを先頭に、
戦況の打破を試みるも、「イキやすい男:みぞっち」。
数分も持ちこたえられずに昇天。

中央の小屋の攻防戦の巻き添えを食らったようだ。

で、あれば、と、さらに左によって、境界線沿いに進軍。

最後のA手前の小道を挟んだ場所で、先頭みぞっちの後釜に座ったマーベリックが、
自慢のマーベリックで、ガッコン!ボッコン!と連射を始める。
向かい側からも敵の応戦があり、プローンしたままマーベリックは
小道の先の藪に消える。

こちらは、と、言うと、倒木の影で、姉さんと並んで小さくなっていた。

こちら側から牽制射撃を入れるものの、マーベリックの先の敵の位置がわからない。
深い笹のブッシュに遮られ、射撃音から大まかな位置すら分かるものの、
正確に敵を捉えることができずに居ると、

ガッサ!バッキ!バッキ!

笹の藪を踏み分けながら、やおら立ち上がり連射しながらマーベリックに
向けて特攻する敵。

ガッポ!ガッポ!と応戦するマーベリックだが、ついに死亡。

敵討ち、とばかりにその敵は取ったものの、その後、移動しようとしたら、
さらに潜んでいた敵にまんまと惨殺される。

ほどなく姉さんも死亡し、ポンプ小隊(赤)全滅。

その頃、ポンプ小隊(黄)は、偽ピエール空間を発動させ、華々しい
戦果を上げていたらしい。
それもそのはず、黄色小隊には

ヒゲさん、SINさん、リサちん、エボゾウ、と、
ポンプ小隊の中でも、スナイパー、もしくは、後衛番長の面々揃い。

赤小隊は、どちらかと言うと、ピエール空間の3倍マヌケ効果しか
受け継いでいないような気がしたのは気のせいだろうか。


【AvsB戦】

◆砂を食らう

非常に近距離な状態からスタートする壮絶なゲームのAvsB戦。

Aスタートで、開始前から目をつけていた、フィールド最奥の塹壕にもぐりこむ。

潜る最中、視界の奥の方に、デジピクの背中がフィールド奥(B奥)へ
向かって走るのが見えた。そう、あの迷彩はヒゲさんだ。

同じ塹壕の中に転がり込んできたツカマンのP90は、数発撃ったところで
情けない音になってきた。バッテリー切れだ。

右後ろの友軍を探すと、マーベリックを発見したので、

「オマエ オレト 左ルートデ 前進セヨ!」

のハンドサインを送ると、

「ワレ 残弾多シ OK!」

のサインが帰ってきた。

そして、塹壕に近づいてきたので、

「前行きなよ!」と言うと「OK!援護するよ~!」という謎の返事。

う~ん。どういう訳か、俺が行くのか。

前方15mくらいのところに、80cm四方くらいのバリケードがあるので、
アレを目指す事にして、

「行くよ~!援護してくれよ!」

と威勢良く駆け出す。
5mくらい走ったところで、フィールド中央からの視界を遮っていた
ブッシュが切れ、一気に開けたところに出てしまった時、自らの行為の
愚かさに気づいたのだが、もはや止まれる状況にも無いわけで。

スパパ!スパパ!スパパ!と、一人二人じゃない射撃音。
射手からは、左奥から、右手前へ、という走る的に当てるのは
さほど容易な射撃ではあるまい、という微かな期待をしたが、
それほど自分の移動速度が速い訳でもなく、最後の掛け、とばかりに
バリケードに向けてスライディングを始めようとした瞬間に、
いよいよ素肌の右手に激痛!
そのまま、失敗スライディングでバリケードの後ろに滑り込んだように
見せかけて、転んだ訳だが、乾燥した上に柔らかくなっている土を
大量に蹴り上げ、挙句その蹴り上げた土の下に転がり込んだ為、
口の中にしこたま土が入り、ヒットコールすら出来ない状態。

ヨロヨロとセフティに戻ると、後から帰ってきたエボゾウが、
「まぁ、今回もゲロさん取ったから、いいか」とボソっと言ってた。

クソ!エボゾウめ!


◆スナイパーゲロ

「俺に足りないのは、堪える事と、落ち着く事だ!」

というテーマを掲げ、AvsB戦の裏で、B奥のヤグラに上った俺。

間違いなく目立つ6C迷彩は、やはり目撃されていたらしく、
上り終えてからしばらく、ヤグラにパチパチと被弾。
後から聞けば、SINさんの弾だったようだ。

戦況が落ち着くのを見計らい、M14を銃眼に据え獲物を探す。

・・・・・・スコープねぇと見えねぇ・・・

それでもじっくり見ると見えるし、M14の性能に助けられ、
数名を落とした。

と、その時、遥か彼方のブッシュの影に、見覚えのある迷彩。
敵の中でデザートカラーの迷彩を着ている人間は記憶にあるだけでは2名。
1名がヒゲさんで、もう1名がエボゾウ。
しかしながら、ヒゲさんが、あんな真正面に居るはずはなく、フルオートで
弾を放っているので、対象から消える、となると、
あのデザートはエボゾウだ。

スコープなしの射撃で、正確に撃ち抜けるはずもないが、
目視で見えているという事は、射線は通るはず!

しかし、執拗な粘着狙撃を繰り返したものの、210発の弾は
残り時間10分を切ったところで弾切れとなった。

ヤグラの左下方向に姉さんがフラグのディフェンスで居るものの、
ヤグラの上からですら、確認できる友軍の数は少ない。

エボゾウと地上で相対していた友軍1名も、塹壕の影で進軍できずに居る。

エボゾウを逃してなるものか!

単に、その執着心だけで、ヤグラを降り、バリケードの影にM14を置き、
腰のP226を抜いた。

先程の塹壕の友軍の横まで上がり、エボゾウらしき人物と熾烈な銃撃戦を
繰り広げたものの、3マグあったハンドガンの弾も撃ちつくしたところで
残り1分のコール。

「まぁ、もう終わるしな」

と、塹壕の影で、空になった226をホルスターに戻そうとゴソゴソしていると、

ドッドッドッドッ!!という地響きに驚き顔を上げると、
P90を連射しながら、突進してくるエボゾウが!

万事休す!

反射的に226のスライドストップを手で押し下げ、空撃ちを繰り返す俺。

目前にエボゾウが迫るものの、彼の手のP90の様子もおかしくなってきた。

パパパパ・・ニャニャニャニャーン

バッテリーの銃と弾が無い銃の二人。

結果として、エボゾウが手を上げた。

「いやぁ、バッテリー切れたし。」(エボゾウ談)

一応、俺の作戦勝ち、という事にしておいてくれ・・・・



ま・・・まぁ・・・M14は、やはり、どっしり構えた位置で、
ガッツリ狙って撃つ銃って事だね・・。


そうして、いよいよ本日の架橋とも言える、壮絶な戦闘の始まりの瞬間が
着々と近づいてくるのであった・・・


【後半】に続く
スポンサーサイト



ハシゴ上る音で気づきました。

目視はしてないんで、ゲロさんだと判ったのは終了後のことです。


…って撃ち込んでも反応なかったんで、気のせいかと忘れてましたが。(笑)
【2006/04/23 19:21】 URL | しん #JalddpaA[ 編集]
山戦時は『ガッツリ狙って絞る。』か、『とりあえず敵が存在するとこにフルで撃ちこむ。』ヒゲでした。o(^-^)o
【2006/04/23 20:10】 URL | ヒゲジカタビ #AupDZxQQ[ 編集]
くぅ、いいなぁ・・・・

めっさ楽しそうだなぁ・・・・
【2006/04/23 20:12】 URL | (V)o\o(V) #-[ 編集]
SINさん
 識別できてなかったのかぁw
 あの状況で6Cは目立ち過ぎるのでバレバレかと思ったが・・w
 
 あえて数秒は沈黙したのですw
 自分自身に堪える試練を課してみましたw

ヒゲさん
 ヒゲさんと言えば、静かに狙撃している姿か、
 緑のバラクラバで鬼神のように追撃してくる姿しか
 記憶にないですが・・・w
 ヒゲさんがフルで撃ってるの見た事ないですね・・w

バル君
 この日、これなかった事を一生後悔しながら
 死んで行くがいいw
【2006/04/24 13:21】 URL | ゲロ #-[ 編集]
普段から大マヌケな我々は、
3倍程度マヌケになってもたいして影響ないのだ。

なんちて。

各所で疑似ピエール空間が発動中。
全部統合してピエール軍団を編成する予定。(予定は未定w

マヌケ王に、オレは成る!!(意味不明w
【2006/04/25 01:15】 URL | ピエール@泥酔中 #-[ 編集]
ピエール軍団・・・
『来たぞ!ピエール軍団だ!喰われるとマヌケになるぞ!』
戦場に走る戦慄!

ピエール軍団にオフェンスチームはありますか?
あるなら入団希望(笑)
【2006/04/25 09:59】 URL | ゲロ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ポンプ小隊, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。